またふとす!

また書きます。

コント

今日はもう、眠たいです。

職場で雑談をしていたら、家に帰るのが遅くなった。

2時間近くしゃべっていたようで、

盛り上がるおしゃべりというのは怖いものである。

夜になると、そして上司がいないと、

いろいろとしゃべりたくなるものでもある。

愚痴や不満はもとより、人の話やうわさ話などなど、

しゃべることはたくさんあるらしく、

終わりが見えないおしゃべりで夜は深まってゆく。

 

ぼくはといえば、意識的にじぶんの話をするようにしている。

人の話でも、相手の愚痴なんかでも、

最後は笑い話にしたいと思ってしまうのだ。

それはクセのようなもので、

最後に笑えるかどうか、笑いにもっていけるかが、

話の内容よりも大事だとさえ思っている。

そしてこれからもそのスタンスでいようと思っている。

語る相手に、聞くじぶん。

そのやりとりを客席から眺めるじぶん。

つくづくコントだよなぁ、と思うのである。