またふとす!

また書きます。

日曜

日曜という日に何かやろうと思っては、

何もしなかったことの多さよ。

日曜という日はぼくにとって何もしない日となりつつある。

何もしないというのは決してうごかないわけではない。

ただ、極力動かないような1日を気がつけば過ごしている。

そして気がつけば、日付が変わろうとしている。

 

何かをするということは、

どれもこれもエネルギーを使う。

買い物に行くのも、ごはんを食べるのも、

歌を歌うのも、顔を洗うのも、

ぼくらは、ぼくは、エネルギーを使っている。

だから、極力エネルギーは使わないでおこうなんて思ったりする。

つかれるし、しんどいし、ラクしたいしね。

それでも、エネルギーを使うことで生きている。

本当に何もしないことなんて、生きている限り、できないよなぁ。

 

体を動かせるのであれば、体を動かす。

頭を動かせるのであれば、頭を動かす。

ほっておいても、

いずれ動かなくなる日は向こうからやってくる。

そういうことを考えると、

今度は動かしてやろうと思うからふしぎだ。

あんなにラクしたいじぶんが、この手足を動かしたくなる。

頭を働かせて、何かやってやろうと考え始める。

そのはじまりが、ぼくにとってブログだったりする。

ひととおり考えて、じぶんを整理したら、

できることからはじめましょうか。