またふとす!

また書きます。

大事な荷物

行きはバスで、帰りは新幹線で、

そんな感じで明日からの二日間を考えています。

バスで名古屋から東京へ行くには約6時間。

その間に何をしようかと考えるだけでも、

わくわくしてくるわけです。

もちろんなにもしなくてもいいのだし、

本を読むか、映画を見るか、だいたい相場は決まっているわけだけれど、

そういう時間を移動しながらもてるというのはいい。

移動の中にもわくわくすることはつまっていると思うわけです。

つまり、旅は移動だともいえちゃう。

ならば、その移動を楽しまずにどうする、というもんです。

 

そんなわけで、文庫本を今日のうちに買おうと思っていたのだけれど、

完全に忘れていたぜ。

家の中にある本で、まだ読んでなくて、なおかつ文庫サイズのもの、

できれば、小説がいいな。

まだ探しちゃいないのですが、のちほど探してみよ。

てなところから、すでに旅は始まっているぜ、ともいえるわけでね。

 

そこまでいくと、もはや日常が旅なのかもしれませんな。

昨日だって、今日だって、

ぼくは日常の顔をした旅をしていたのかもしれません。

そして、明日からまた旅が始まる。

少しだけ移動が長くて、ちょっと景色が違う旅。

だとするなら、じぶんが楽しめてるか、

いい気分なんか、わくわくしてんのか、

そこらへんの気持ちだけが、ぼくの大事な荷物だと思うのです。