またふとす!

また書きます。

知らないところで

後悔をともなうミスをした日も、

傷ついて涙を流した日も、

腹はちゃんと減る。

風呂にも浸かるし、眠りにもつく。

笑うことだって、そりゃあるでしょう。

君の身体はたしかに生きたがっている。

そして君は、今日を懸命に生きている。

それこそがだれかの生きる理由になってたりするんだ。

そっと、君の知らないところでね。